環境・CSR

HOME > 環境・CSR

環境・CSR

環境方針

【基本理念】

三菱商事ファッションは、地球環境の保全、持続可能な社会の実現を経営の最重要課題として位置づけ、当社が取り扱う製品・サービスにおいて、地球環境に及ぼす影響を十分に配慮した事業展開をはかっていきます。

【行動方針】

1.自然環境への配慮

当社の事業活動が環境に与える影響を常に認識し、現実を的確にとらえ、適正に管理し、必要に応じて見直していく継続的改善に努めます。

2.環境に関連する法規制等の遵守

企業活動において、国や地方自治体ならびに当社が同意する第三者からの環境に関する法規制や要求事項を遵守します。

3.資源・エネルギー等の効率的な活用と循環型社会への寄与

省資源、省エネルギー、廃棄物の発生抑制などエネルギー利用の高効率・低負荷化に努めるとともに、自然エネルギーの活用や再利用を促進し地球環境にやさしいエネルギー循環型社会の実現に努めます。

4.環境方針の周知徹底と公開

当社の事業活動にかかわる全従業員に対して環境方針を周知徹底しその教育・啓発活動を推進します。また社外にも公開します。

持続可能なサプライチェーン行動方針

【基本方針】

三菱商事ファッションは三菱商事グループの一員として、持続可能なサプライチェーンの確保、並びに企業の社会的責任(CSR)を重要な課題の一つとし、人権、労働問題、地球環境等への取組みについて「持続可能なサプライチェーン行動方針」として制定し、当社の基本的な考え方を全てのサプライヤーの皆様へお伝えし、以下に定める項目への賛同と理解、実践を期待します。

1.強制労働の禁止

すべての従業員をその自由意思において雇用し、また従業員に強制的な労働を行わせない。

2.児童労働の禁止

最低就業年齢に満たない児童対象者を雇用せず、また児童の発達を損なうような就労をさせてはならない。

3.安全で衛生的かつ健康的な労働環境の提供

従業員に対して、安全で衛生的かつ健康的な労働環境の提供に努める。

4.従業員の団結権及び団体交渉権の尊重

労働環境や賃金水準等の労使間協議を実現する手段としての従業員の団結権及び団体交渉権を尊重する。

5.差別の禁止

雇用における差別をなくし、職場における機会均等と処遇における公平の実現に努める。

6.非人道的な扱いの禁止

従業員の人権を尊重し、虐待や各種のハラスメント(嫌がらせ)をはじめとする過酷で非人道的な扱いを禁止する。

7.適切な労働時間の管理

従業員の労働時間・休日・休暇を適切に管理し、過酷な時間外労働を禁止する。

8.適切な賃金の確保

従業員には少なくとも法定最低賃金を遵守すると共に、生活賃金以上の支払に努める。また、賃金の不当な減額を行わない。

9.公正な取引と腐敗防止の徹底

国内外の関係法令を遵守し、公正な取引及び腐敗防止を徹底する。

10.地球環境への配慮

事業の遂行に際しては、地域社会及び生態系への影響にも考慮し、地球環境の保全に努める。特にエネルギー使用効率・温室効果ガス排出を含む気候変動課題・資源の有効活用・廃棄物削減・大気や土壌、河川の汚染・水使用に配慮する。

11.情報開示

上記に関する適時・適切な情報開示を行う。

【モニタリング】

本方針の遵守状況を把握するため、サプライヤーとのコミュニケーションを深め、サプライヤーに対する定期的な調査を実施します。
また、活動地域や事業内容から、必要と判断される場合には、サプライヤーを訪問し活動状況の確認を行います。

【遵守違反への対応】

本方針に違反する事例が確認された場合には、対象となるサプライヤーに是正処置を求めるとともに、必要に応じて、サプライヤーへの指導、支援を行います。継続的な指導・支援を行っても、是正が困難と判断された場合には、当該サプライヤーとの取引を見直します。

以上